ツエーゲン金沢 2018新ユニフォーム ホーム

2017シーズンも序盤からJ2残留争いの渦中にあったツエーゲン金沢

新たに就任した柳下正明監督の攻撃的なスタイルがようやく実を結んだのは終盤戦で、ラスト10試合は5勝4分1敗の快進撃。17位でシーズンを終えた。

柳下体制2年目に向けて今オフは精力的な補強を行っており、2013年から2015年にかけてエースとして活躍した清原翔平もセレッソ大阪から2年ぶりに復帰している。

 

Zweigen Kanazawa 2018 adidas Home

金沢の新しいホーム(1st)ユニフォームは、伝統の赤をベースに、ゴールドのピンストライプ柄を採用。コンセプトである『スピード』を、選手たちが躍動感に溢れ、ピッチを駆け巡る姿とともに表現している。

ツエーゲン金沢 2018新ユニフォーム

歴史や伝統というものを現代にアレンジし、進化していく―。adidasのデザインテーマ“Authenticity to Progression”に沿ったデザインだ。