EAFF E-1サッカー選手権第3戦が16日に味の素スタジアムで行われ、日本代表は韓国代表に1-4で敗戦。試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が記者会見で川崎フロンターレMF中村憲剛の名前を挙げた。

開始直後に小林悠のPKで先制しながらも、その後4失点。引き分け以上で2大会ぶりの優勝が決まる状況だったが、反撃も実らず。1-4の完敗を喫した。

ハリルホジッチ監督は「選手たちをテストするのが一つの目的だった」と、今大会の意義を説明しつつ「この大会を戦った日本代表はA代表ではなかったかもしれないですが、フルメンバーのA代表で戦ってもこの韓国代表に勝てたかどうかわからない」と、韓国相手の一戦での完敗を認めた。

「受け入れがたいことかもしれないですけど、そう行った真実も認めていかないといけない」

さらに「年齢に関わらずいいプレーを見せている」と前置きしたうえで「中村憲剛を入れることもできた」とハリルホジッチ監督。川崎Fのリーグ初優勝に大きく貢献した中村の名前を挙げ、今後の招集に含みを持たせた。そのうえで今回の大会は「彼を除けば今呼べるベストメンバーだったと思う」と総括した。

最後に「これからもワールドカップに向けてベストを尽くして行きたいと思う。良いお年をお迎えください」と残し、会見場をあとにした。