日本代表MF柴崎岳は、ウクライナ戦へ向けて求められること、目指す部分を明確に口にした。

柴崎は引き分けに終わったマリ戦では出場機会が訪れず。ベンチから見ていた印象として「ミスが前の試合も多かったですし、メンタル的な準備も十分ではなかったのかな」と語り、改善を促した。

「もうちょっと自分たちのパフォーマンスの質の低さにフォーカスするべきじゃないかなと思いますし、選手一人ひとり僕も含めて個人のパフォーマンスが上がればチームとしてのパフォーマンスも上がると思いますし、もうちょっとそこに集中してプレーするべきじゃないかなと思います。もうちょっと周りというか、他に原因を求めすぎなのかなという部分も…、僕個人としては自分のプレーに集中したい部分もありますし、自分のいいプレー悪いプレーを自分に原因を求めてやりたいし、フォーカスしたいなと思います」

ワールドカップで戦う相手より「レベルが落ちるチームとやっているわけで」とし、「いい試合をしないと自信もつかない」と話す柴崎。仮想ポーランドとされるウクライナには勝利が必要不可欠となることは間違いない。